肘の痛み①:テニス肘
ホーム > 肘の痛み①:テニス肘

肘の痛み①:テニス肘

2014年03月21日(金)1:13 AMケガについて, ブログ, 患者さんの話, 鍼灸治療

こんばんわ、ブログの時間です。

 

今日は肘の痛みについて少し書いていこうと思います。

 

と、いうのも、

 

現在、当院にはほぼ同時期に肘の痛みを訴えて来院する

患者さんが、新患・既存合わせて8名も重なっているので、

 

ちょっと肘についてまとめておこうと思い立った次第です。

 

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)

 

現在、通院している患者さんでもっとも多いのがテニス肘です。

外側が痛くなるバックハンドテニス肘と、

内側が痛くなるフォアハンドテニス肘の2パターンがあります。

 

別にテニスをやっていなくても

テニス肘という言い方をする場合もあります。

(ゴルフ肘、野球肘など)

 

実際にトレーニング中に肘を痛めたある患者さんは、

某整形外科でテニス肘だねと言われました。

 

ちなみにこの患者さんは病院で

テニス肘は治療のしょうがないから

とりあえず湿布貼って様子見ましょうと言われたそうです。

 

様子をみているだけでは痛みは治まりません。

それどころか慢性化してしまうことさえあります。

 

テニス肘の起こる原因

①インパクト時、もしくは

それに似た動きや力が作用した際、

 

前腕の筋が急激に収縮し牽引され、

前腕から上腕骨の外側上顆にかけて筋の挫傷が起きる場合

 

②筋肉を酷使し、

疲労が蓄積された結果として、

筋肉の付着部に炎症を生じ、痛みが発生する場合

 

テニス肘は保険が効くのか

①は急性外傷のため保険適応、

②は慢性的なため保険適応外です。

 

しかし慢性でも、ドクターの同意を

もらうことによって、鍼灸保険が適応となるケースもあります。

手順はこちらをお読みください。

 

※6疾患以外のその他としてドクターが判断するかどうかです。

慢性の場合は健康保険に頼らない自費診療をオススメします。

 

急性、慢性どちらにしても、当院は

早期のスポーツ復帰、社会復帰のために

鍼灸治療をオススメしています。


テニス肘のよくみられる症状

肘の外側(または内側)に痛みがあり、

肘を曲げ伸ばしするときなどにも痛みます。

 

他には、手首を動かすとき、タオルを絞るとき、

マグカップのようなものを

持とうとするときでも痛みが走ることがあります。


テニス肘の治療法

当院では鍼灸治療をメインにて、テニス肘の治療を行なっています。

DSC_0087DSC_0160

 

直近だと、

 

・1年以上あらゆる治療を試してよくならず、

ホームページを見て当院に先々週から

来院されている患者さんはお灸で劇的な回復をしました。

(自費診療)

 

・既存の患者さん、2月にテニスの競技中に

筋肉を伸ばしてしまい負傷し、アイシングと

鍼治療にて回復、3月現在、競技に復帰しました。

(保険適応)

 

の他、皆順調な回復をしています。

 

また、鍼が怖い、お灸が熱そうで

嫌だという患者さんにはレーザー治療などもあります。

DSC_0415

 

急性期の場合は細かな設定管理がされたアイシングを行います。

DSC_0306

注)写真は足です

 

テニス肘のサポーター

image (81)image (82)

こちらの記事も参考にしてください。


今回は以上です。


どんどん追記・加筆していく予定ですので、

よろしくお願いします。

 

【相談いつでもどうぞ】

 

和歌山県で医療従事者で唯一のA級ライセンスを持つ

フットケアトレーナーの院長が対応します。

IMG_8928

 

ここ最近はインソールの問い合わせ、作製依頼が多く、

必ずお電話にて確認が必要です。

 

073-433-1556

 

整体師、マッサージ師も通う 雄湊 畠中整骨鍼灸院HP

 

雄湊 畠中整骨鍼灸院フェイスブック
https://m.facebook.com/Onominato.Hatakenakahonetugi

 

雄湊 畠中整骨鍼灸院の口コミ
http://s.ekiten.jp/shop_2530816/

 

《アクセス》

和歌山県庁から西へ200m

紀和塗料さんのある信号を右折すぐ!
 

 

《診療時間》

AM 8:00~12:30

PM15:00~19:00

 

《休診日》

土曜午後 日曜・祝日

 

《電話》

 

073-433-1556



«   |   »

月別ブログ

リンク