手技治療
ホーム > 手技治療

手技治療

マッサージ

炎症を起こしている時にはマッサージは禁忌ですが、炎症消失後や筋肉の緊張、硬結を取る際に有効です。

トリガーポイント

炎症を起こし筋肉がしこりのような状態(筋硬結)になり、その部分のみならず、その周囲にも痛みを放散している時には非常に有効です。

カッピング療法

数千年の歴史をもつ中国の民間療法のひとつ。
電動式のポンプを使用し、吸い玉の気圧を下げることにより皮膚に吸着させ、刺激を与えることによって血液の循環をはかり血行をよくします。
頑固な肩こり、慢性腰痛でお悩みの方にオススメ。
効果
血液をきれいにする
血行をよくする
免疫力を高める
皮膚を刺激し、若さを保つ
内臓の活動を活発にする
自律神経を正しく調整する
デトックス効果
マッサージ効果
セルライトの除去 etc 

骨折・脱臼の応急手当て

写真 1 (2)

受傷し、骨折または骨折の疑いがあり来院された場合、整復して応急手当てを行います。
応急手当て後は近隣の医療機関もしくは患者様自身のかかりつけ医に受診していただくことになります。
脱臼の場合も整復した後に骨折同様に医師の診察が必要となります。

例)コーレス骨折

骨折・脱臼の後療法

写真 3

医師の診察を受けた後、骨折と診断された場合、医師の同意を得た上で当院で早期の社会復帰を目指し、後療を行います。

 

月別ブログ

リンク