LIPUS(ライプス)とは

 

ライプスとは、低出力パルス超音波療法(Low intensity pulsed ultrasound)の略で、骨折や筋腱・軟部組織の治癒を約4割も促進させることのできる今までにない最新療法です。

 

 

効果

 

これまで骨折への施術には、骨折部の整復・固定を行った後は骨癒合に関しては、自然治癒力に任せるのが通常であり、積極的に骨癒合を促進させる方法はありませんでした。

 

しかし近年、骨折部に微弱な超音波を照射する事で骨の形成が促進されることがわかってきました。特に『難治性骨折』といって骨癒合が予想される一定期間を過ぎても骨癒合がなかなか進まない骨折に対して有効性が認められ、早くからその使用が病院では保険で認められていました。

さらに新鮮骨折(骨折直後)に対しても骨癒合期間を約40%も短縮させる事ができるということが臨床的に実証され、その先進性が評価され、平成18年には【先進医療】として承認されスポーツ整形等で導入されています。

 

また軟部組織にも同様に治癒期間を早めることができることから重度の捻挫、肉離れ等の軟部組織損傷にも対応しています。

 

 

料金

 

ライプスは保険外自費施術となります。

500円(学生無料)

施術時間

 

1回20分の照射が必要となります。

 

 

 

 

 

Name*


Email*


Website


AntiSpam Challenge:6+3 = ? *

Message*