子どもの靴にとって一番大切なこと
ホーム > 子どもの靴にとって一番大切なこと

子どもの靴にとって一番大切なこと

おはようございます。

突然ですが、問題です。

 

この二つの靴

img_0846

それぞれ何㎝の靴だと思いますか?

 

昨日の3歳に満たない患者さんの靴、

あまりにびっくりしたので

写真を数枚、撮らせていただきました。

 

ちなみに現在実寸14.0㎝の足長の子です。

 

この二つの靴、グレーが患者さんの靴で

赤が当院のサンプル用に置いてる靴です。

 

で、サイズなんですが、なんと!!

グレーが14㎝、赤が15.5㎝なんです。

 

これには驚きました。

この靴を半年前に購入して

いままで履いていたようです。

 

歩き方が変というママさんの相談でしたが、

たしかにこのような靴では歩行が

不安定になってもなんらおかしくありません。

 

この年齢は1か月で約1㎜大きくなるので

半年前は13.5㎝程度だったと思われます。

 

img_0848

中敷きは両方実寸16㎝ありました。

 

img_0847

ということは、、

 

グレーの靴は捨て寸20㎜

赤い色の靴は捨て寸5㎜

 

ということになります。

 

※靴には捨て寸といって先に少しゆとりがあり、

大人で1~1.5㎝、子どもで5㎜程度です

 

ということは購入当時は先がなんと

2.5㎝も余っていた靴ということです。

 

これは問題です。

 

そもそも13.5㎝の足の子どもの靴に

14㎝の靴を本来勧めることも問題なんですが。

 

捨て寸を多めにとることもケースによっては

ないことはない、、、のですが。

 

この子のママさんも靴屋で勧められて

購入したそうなんですが、そのとき

 

先が結構余ってるけどええんかなぁ、、

って思ったそうなんです。

 

不安な時は中敷きを外させてもらって

足を当てさせてもらってください。

 

踵で合わせて指先が5㎜程度余っていればオッケーです。

 

何か気になることあれば

24時間いつでも相談してください。

僕のiPhoneにすぐに届くようになっています。

 

お問い合わせはこちら

 

寝ているとき以外はすぐに目を通します。

少々お時間頂きますが、

即日返信させていただいております。

 

和歌山県の医療従事者で

唯一のA級ライセンスを持つ

フットケアトレーナーの院長が対応します。

 S62_4924

ここ最近はインソールの問い合わせ、

作製依頼が多く、

必ずお電話にて確認が必要です。

 

整体師・マッサージ師も通う 雄湊 畠中整骨鍼灸院HP

雄湊 畠中整骨鍼灸院フェイスブック
雄湊 畠中整骨鍼灸院の口コミ


«   |   »

月別ブログ

リンク