ホーム > 部活でのケガ 肉離れ
部活でのケガ 肉離れ

部活でのケガ 肉離れ

おはようございます。

ブログの時間です。

 

昨夜、時間外での学生の患者さん、

顧問の先生が連れてきてくれました。

 

腓腹筋、いわゆるふくらはぎの肉離れでした。

 

エコーで負傷部位の確認してピンポイントで特定し、そこにライプスを当てました。

 

あっ、ライプスのページ作ってなかった。。

 

ちょっと紹介します

 

ライプス(超音波治療器)

LIPUS(ライプス)とは低出力パルス超音波療法(Low intensity pulsed ultrasound)の略で、骨折や筋腱・軟部組織の治癒を約4割も促進させることのできる特殊な超音波です。

こんな感じです。端子がかなり小さいのでピンポイントで当てたいのでエコーで特定しました。実際にはエコーで撮らなくても、触診で場所の特定は容易です。

 

ただ、断裂部の規模など、負傷した選手本人と付き添いの顧問の先生にも見て頂きたかったのでエコーで確認しました。

 

断裂部はこんな感じでした。

どこが断裂部かなんて、言われないと一般の方はわかりませんよね。

 

ここです、赤で囲んだところ。言われてみればそんな感じがするなぁって感じですかね。他にもなんかいろいろあるように見えるぞ!って声が聞こえてきそうです。

 

じゃあこうするともっとわかります。

血流反応です。当院のエコーはカラードプラー機能がありますので、こんな感じに見ることができます。肉離れによる出血が確認できました。

 

このような形で患者さん本人や付き添いの保護者・ご家族・引率の先生などに、しっかりご説明をして、適切な処置、根拠のある施術をさせていただいています。あとは断裂部の大きさの計測をして定期的に比較もさせてもらいます。

 

どうか、早く、

最短で治りますように。

 

============================================

病院関係者や学校関係者の方、その他測定会や相談会をしたいというそのようなご依頼ありましたら当院に一度お問合せ下さい。

僕の講演会の模様はこちらから

 

24時間いつでも僕のiPhoneにすぐに届くようになっています。

 

お問い合わせはこちら

 

寝ているとき以外はすぐに目を通します。少々お時間頂きますが、即日返信させていただいております。

 

和歌山県の医療従事者で唯一のA級ライセンスを持つフットケアトレーナーの院長もしくは美容鍼灸担当の女性鍼灸師が対応します。

 

インソールの問い合わせ、作製依頼、美容鍼のお問合せが多く、1週間以上先までご予約が埋まっており、必ずお電話にて確認が必要です。

 



«   |   »

月別ブログ

ブログ更新履歴

リンク