ホーム > 学生の怪我がとても多いです
学生の怪我がとても多いです

学生の怪我がとても多いです

2020年09月18日(金)8:52 AMお知らせ,ケガについて,ブログ,患者さんの話

おはようございます。ブログの時間です。

 

ブログめっちゃ久しぶりです。サボっていたつもりはないんですが、気が付けばお盆から書いていませんでした。(もうすぐ彼岸)

 

さて、そろそろ本題。

 

ここ1ヶ月ほど学生の怪我が大変多いです。

 

当院は元々陸上部が多いんですが、

高校生、中学生、小学生、いろんな世代の子が来ます。

 

コロナで全然部活動ができなかったことからの反動で頑張りすぎているのか、はたまた、たまたまなのか軽傷から試合を断念せざるを得ないケースまでいろいろな子が来ていました。

 

土曜の時間外で対応したこともあったし、日曜朝イチ対応したケースもありました。

 

しかも試合の日程が大変タイトで、すごく過密日程です。8月後半から9月は毎週のようにあります。コロナでできなかった試合等がギュっと詰まっているんだそうです。

 

これは他の競技でもそうでした。

 

あと、この競技はやるのにこの競技はやらない、というのもありました。きわどい競技は仕方ありません。息子のやってる柔道や僕もトレーナーとして携わっている相撲などは流石にコロナ渦ではまだ大会は無理ですね。いわゆるコンタクトスポーツは。(練習はガイドラインに沿って行っていますよ!)

 

それ以外はできる競技は感染拡大防止を徹底した上で行えばいいんじゃないかと思うんですが、あの競技は大会あるのに、この競技はできないの!?って驚くものもありました。

 

当院に中手骨の骨折で来ていた某競技の高校3年生の子が最後の高3だけで行う記念大会に向けて通院してくれていて完全に治ってヨシ!間に合ったと思った矢先に最後の大会がなくなるという、なんともやるせないことがありました。

 

競技団体も苦渋の決断だったんだと思いますし、誰も悪くない、このコロナ渦の中、本当に難しい問題ですね。当院では感染拡大防止の徹底のため、院内の手の触れるところの定期的なアルコール除菌、そして次亜塩素酸水の空間清浄機を各フロアに配置して対策しています。

 

一日でも早く安心して暮らせる世の中になりますように。

 

 

========================

病院関係者や学校関係者の方、その他測定会や相談会をしたいというそのようなご依頼ありましたら当院に一度お問合せ下さい。

僕の講演会の模様はこちらから

 

24時間いつでも僕のiPhoneにすぐに届くようになっています。

 

お問い合わせはこちら

 

寝ているとき以外はすぐに目を通します。少々お時間頂きますが、即日返信させていただいております。

 

和歌山県の医療従事者で唯一のA級ライセンスを持つフットケアトレーナーの院長もしくは美容鍼灸担当の女性鍼灸師が対応します。

 

インソールの問い合わせ、作製依頼、美容鍼のお問合せが多く、1週間以上先までご予約が埋まっており、必ずお電話にて確認が必要です。

 

 



«   |   »

月別ブログ

ブログ更新履歴

リンク