当院が採用しているインソールの素材
ホーム > 当院が採用しているインソールの素材

当院が採用しているインソールの素材

2018年09月11日(火)4:39 PMオーダーメイドインソール, ブログ

 

当院では年間約150足程度、オーダーでインソールを作製しています。

その素材について今回は紹介しようと思います。

 

世の中にはいろんな既製品のインソールのメーカーや、オーダー、セミオーダーの

インソールなどあり、基本的に硬化プラスチックが多いですが、当院では一切使いません。

 

当院が採用しているインソールのマテリアル(素材)

 

主にメインに使っているのはソルボセインという素材となります。

 

※他に当院では5種類の硬度や反発性の性質のマテリアルを

組み合わせてインソールを作製していますが、これは企業秘密です。

 

このソルボやその他のマテリアルをグラインダーを駆使して

下の写真のように加工していきながら歩行時や競技の際の必要な動きを

サポートしたり痛みをなくしたりアーチバランスを整えていきます。

 

詳しくは上記のリンク先の素材メーカーのサイトに載っていますが、

簡単に言うとソルボとは

 

医療の現場で高く評価された驚異的な

衝撃吸収力と圧力分散性能をもつ人工筋肉です。

 

また、精密機器の中にも防振対策のために採用されていたり、

半導体、精密機器等の輸送の際の緩衝材としても採用されています。

 

驚異的な衝撃吸収力と圧力分散性能を体感

これはソルボを作っているメーカーサイトから引用している画像ですが、

これは有名な写真で真ん中が電球で、上と下の青いのがソルボです。

 

ハンマーで叩いても電球は割れない!というものです。

 

長々と書いておきながら、心のどこかで

ちょっとだけほんまかなぁって思ってました。(笑)

 

先日行ってきた学会の会場でメーカーの担当者が

新製品のサンプルの展示をしており、

なんとこのハンマーと電球も展示しておりました!

これはやるしかない!!

 

ということで思い切り叩いてきました。

 

実は2回叩きました。

 

なんと!!

 

割れませんでした!

 

ちょっと怖かったので気を使って無意識的に力を抜いたんですが、

もっとこんな風に思い切りやってくださいとメーカーの人が

 

バッチーン!!!!

 

と叩きましたが、電球は割れませんでした。

 

音にびっくりするほどでかいハンマーの音でしたが

電球は割れませんでした。

 

こんなに衝撃を吸収する素材を0.1ミリの世界で微調整して

当院では1人ひとりにオーダーでインソールを作製しています。

 

ちなみに、

 

全国から大勢の会員さんが学会参加してくださいましたが、

実際にハンマーで叩いているのは、

 

関西人だけでした。(笑)

 

 

 

 

 

 



«   |   »

月別ブログ

リンク