子どもが肘を痛がったら
ホーム > 子どもが肘を痛がったら

子どもが肘を痛がったら

おはようございます。

ブログの時間です。

 

あっ、

 

という間に3月ですね。

やばい、行く逃げる去るとはよく言ったもんです。

忙しく、慌ただしく毎日を過ごしています。

 

2月は手足の怪我の子どもの多い月でした。

 

サッカーの練習中の怪我や、体育の授業中の怪我の他に

ハンドボール練習中の怪我、テニス、陸上、バスケ、ドッチボール。

 

大人の怪我も多かったですが書ききれないので、

今日のブログは子どもの話だけにしておきます。

 

さて、上記の怪我はスポーツの怪我ですが、その他に子どもの肘内障も数件ありました。

 

肘内障?って?という方は

こちらをクリック

 

そのうちの1人のお話なんですが、お母さんのお話を聞いていて、

そっか、そう思うことだってあるよなぁと思いブログに書くことにしました。

 

今回のケースでは受傷後翌日に来院されました。

 

★受傷当日に来なかった理由

子どもが大げさに言っていると思ったこと、

しばらくしたら泣き止んだことでもう収まったと思ったこと、

痛いと訴える場所が肘だったり肩だったり、手首だったりコロコロ変わったことでした。

 

受傷翌日も肘を痛がる我が子に、あれ?まだ痛がってるなぁと思いつつ

保育園に送迎する途中、いつも両手を顎の下に添えるお気に入りのポーズをリクエストすると

片手のみでそのポーズをしたそうで、わけを聞くと手が痛いからと言ったそうです。

 

仕事にもいかないといけないし、保育士さんに肘を少し痛がっているという話をして預けたそうですが、お昼に保育園から電話あり、痛がっているのでお迎えに来てほしいとのことだったそうで。

 

ということで当院に連絡があった次第です。

当院に連絡があった際もお母さんは半信半疑

 

『大丈夫やと思うんやけど、、、』

と言っていました。

 

もし病院にいって、異常がなかったら、

なんか気まずい、申し訳ない、恥ずかしい、おおげさやと思われる、

そんな心理が起きるのは当たり前だと思います。

 

しかも今回、実はこのお母さんは友達でして、友達の僕にですら言いにくいのに

一般のお母さんならもっと病院って行き辛いのではないかと思います。

 

実際、診させてもらうと肘が抜けていました。

 

・子どもが大げさに言っていると思った→子育てあるある、仕方ないっす

・しばらくしたら泣き止んだ→泣き疲れたか、痛みに慣れてきた可能性

・痛みの場所がころころ変わる→子ども自身も痛みの場所をうまく説明できない

 

だと思います。手首を持ったりするのは肘抜けたため、無意識に手首を持って支えている行為です。

 

来院して椅子に座ってからは3秒くらいで整復しました。

 

お母さんはあんなに痛がっていた我が子がもう痛くないということと、

本当に肘が抜けていたことにびっくりしていました。そして、

痛みを訴える我が子の話をちゃんと聞いてやらなかったことに後悔していました。

 

では、一番良い選択肢は、

でも判断するのって難しいですよね。

このぐらいのことで行っていいものなのか、とか。

 

そんなときは電話で聞いてくれてもいいですし、

直接来ていただいて診るだけでもいいですし。

 

当院としては不安を解消するだけの相談でも全然大丈夫です。

 

取り越し苦労するくらいなら心配する原因を

解決したほうが精神衛生上良いと思いますし。

 

もし本当に怪我をしているとしたら処置は早い方がいいですから。

 

そうそう、このお母さん、えらい感激してSNSに投稿してもいい?って聞いてきたので

ええで、これでええ?って撮った写真がこちらです。

 

今朝は痛くて片手でとったポーズがしっかり両手で出来ましたね。

僕も真似して同じポーズをしてみました。(今年36歳・男性)

 

ちなみにこの子、赤ちゃんのときに虫切りに来たこともあります。

ええ顔してる。

 

最後に、

当院に来る肘内障の子どもさんは

ほぼ9割はみんな泣きじゃくってやってきます。

 

なので肘内障かどうかはすぐに見極めて、

警戒されないように巧みに近づき、素早く整復するんです。

 

何度か当院に来ていて、僕の顔を覚えてくれている子は大丈夫ですが、

わけもわからず肘が痛くて、急に知らないヒゲの生えたおじさんお兄さんに

痛い肘を触らせるわけですから、警戒するなというほうが無理な話ですが、

 

その辺は3児のパパである僕の腕の見せ所です。(笑)

しっかり対応させていただきます。

 

==========================================   

病院関係者や学校関係者の方、その他測定会や相談会をしたいという

そのようなご依頼ありましたら当院に一度お問合せ下さい。

僕の講演会の模様はこちらから

 

24時間いつでも僕のiPhoneにすぐに届くようになっています。

 

お問い合わせはこちら

 

寝ているとき以外はすぐに目を通します。

少々お時間頂きますが、即日返信させていただいております。

 

和歌山県の医療従事者で唯一のA級ライセンスを持つ

フットケアトレーナーの院長が対応します。

 

ここ最近はインソールの問い合わせ、作製依頼が多く、

1週間以上先までご予約が埋まっており、必ずお電話にて確認が必要です。

 

整体師・マッサージ師も通う 雄湊 畠中整骨鍼灸院HP

雄湊 畠中整骨鍼灸院フェイスブック
雄湊 畠中整骨鍼灸院の口コミ
                 


«   |   »

月別ブログ

リンク