スポーツ外傷・障害
ホーム > スポーツ外傷・障害

スポーツ外傷・障害

スポーツ外傷

スポーツ外傷とは、プレー中に明らかな外力によって組織が損傷した場合をいいます。

例)転倒や衝突などによって起こる捻挫や打撲、骨折、脱臼、肉離れ、突き指、靱帯損傷などの一度に強い外力が加わることによって生じるもの

スポーツ障害

スポーツ障害とは、スポーツによって繰り返し過度の負担が積み重なり、
痛みを主とした症状が続くものをいいます。
軽いものでは、プレー中の痛み、プレー後の痛みで済みますが、重症化すると日常生活にも支障をきたすことになってしまいます。
したがって初期の段階での正しい処置をすることが必要です。
放置していると長期間にわたりスポーツができなくなり、本来持つパフォーマンスが発揮できなくなってしまいますので、早期の段階での治療が必要です。

原因

オーバーユース(使いすぎ)によるもの、
過度に継続的に繰り返されるスポーツ動作によるものが大多数です。

身体を酷使したり、スポーツ後のクールダウン・ストレッチ不足、
間違ったフォームの繰り返し動作により関節や筋肉に炎症を起こします。

例)野球肘・テニス肘・投球障害肩・シンスプリント・ジャンパー膝など

治療

怪我によって起こる腫れとは、
内出血や組織液がにじみ出ることでの炎症反応です。
これらを速やかに最低限に抑えることが治療のポイント
であり、
今後の経過を大きく左右します。
放置してしまうと周囲の筋肉・関節まで影響が広がり、スポーツ活動への復帰にも大きく影響を及ぼします。
効果的な治療法としてはアイシングがあります。

アイシングについて

月別ブログ

リンク